オーダーメイドで何を優先するかソファに求めるものを考える

数あるインテリアの中でも、オーダーメイドで依頼する需要が高まってきているものがソファーです。ソファーは使用する時間が長いインテリアでもあり、身体に密着する時間も長いインテリアです。その分、人それぞれの好みや使いやすさで違いが出やすく、オーダーメイドでソファーを依頼する際には、どの部分を重要視するかが必要になってきます。オーダーメイドのメリットは、自分が必要な要素を取り入れることができるところです。市販のインテリアではそうはいかず、この部分は気に入っているけど、他の部分はあまり好きではない、などの事はよくあるものです。そのような事を避け、自分だけのお気に入りのソファーを作成するためにも、自分が何を求めているのか、どのような要素が必要なのかを知っておくことが大切です。

使用感でソファーを選択する場合には

オーダーメイドにてソファーを選ぶ際に重要となるのは、なんといっても使用感です。座り心地であったり、高さであったり、肌触りなども該当するでしょう。使用する場面は人それぞれですが、座るためにあることは間違いありません。そのために、自分がリラックスできる要素や、利便性を兼ね備えたソファー選びが大切なのです。座り心地1つとっても、好みは人それぞれです。硬めの座り心地があっている人や、ふわふわで柔らかい生地を求める人もいます。まずは、自分がどのような座り心地を求めているかを考えましょう。想像以上にソファーの柔らかさには違いがあり、様々な柔らかさを試してみることで、自分にピッタリのものを見つけることができます。また、クッション柔らかさだけではなく、生地の素材との組み合わせでも変わるので、クッションと生地の2方面から考えてみるといいいでしょう。

サイズ感でソファーを選択する場合には

ソファーを選択する場合に必要なことは、使用感だけではありません。実際に自宅に置くことを考えた場合、サイズ感を考える必要があります。大きければ使用しやすいというわけではなく、小さすぎても困ります。自分の自宅の間取りを考えて、どこに置くのか、どのサイズなら置くことができるのかを考えましょう。また、ソファーは想像しているよりも大きなインテリアです。小さい部屋に住んでいる場合には、ソファーで部屋が埋まってしまうことも少なくありません。そのため、小さいサイズのものを購入すると、ラブチェアーに近いものになってしまうこともあるでしょう。このような失敗をしないためにも、あらかじめサイズを決めておき、実際に部屋においた際のイメージを固めておくことが非常に大切になります。